サーフィン情報

【初心者向け】サーフィンを1番楽しめる時間帯とは?〇〇の一択!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

お悩み人
サーフィンをやってみようかなと思っているんだけど、初心者でも楽しめる時間帯ってあるの?

 

このようなお悩みを解決していきます!

 

この記事で学べること

・サーフィン初心者こそ早朝の時間を狙うべき理由

・各時間帯のサーフィンおすすめ度

・サーフィン初心者がサーフィンを楽しむコツ3選

 

初めてのサーフィン、『人混みでまったく波に乗れなかった〜』ってなるとツライですよね。

 

ただ場所によっては、ポイントパニック(人が多くて波に乗れるような状況でないこと)になりやすいサーフポイントも多々あります。

カジ
関西だと磯ノ浦、関東だと湘南など!人が多すぎてサーフィンできないレベルになることもあります!

 

人が多いとサーフィン初心者は、波に乗ることが困難になってしまいます。そのため、『サーフィンする時間帯』をずらして、人が少ないタイミングを狙うべきです!

 

そこで今回は、サーフィン初心者におすすめする時間帯、各時間帯のサーフィンおすすめ度などを徹底的に解説していきます。

 

また以下の記事では、初心者におすすめのソフトボードTOP5を紹介しています。

>>サーフィン初心者におすすめのソフトボード5選|ランキング形式で紹介!【2023年版】

 

サーフボード選びで絶対に失敗したくない!』と思っている人は、ぜひ目を通してみてくださいね!

【2024年版】初心者におすすめのソフトボード5選!後悔しない選び方とは?

続きを見る

 

Beach Accessの5%OFFの限定クーポン発行中

カジ
今なら『harukoyanen』と購入画面に記入していただくことで、ビーチアクセスのソフトボードが最低でも2,440円の割引になります!最も高いボードだと3,390円も安くなります!ぜひ使ってみてくださいね!

>>Beach Accessの公式サイトへ

 

クーポンの利用方法は、以下の記事で詳しく説明しています!

>>【2023年版】ビーチアクセスのクーポンコード(5%OFF)の利用方法

 

【結論】サーフィン初心者は早朝の時間を狙うべき!

いきなり結論から言ってしまうと、サーフィン初心者は『早朝』の時間を狙うべきです!

カジ
具体的には5時〜8時あたり!日の出時間によって多少変動はしますが!

 

その理由は、下記のとおりです。

 

サーフィン初心者が『早朝』を狙うべき理由

  • 面のコンディションが整いやすいから
  • サーファーが比較的少ないから
  • 道が空いていて移動が楽だから

 

それぞれ具体的に説明します。

 

理由①:面のコンディションが整いやすいから

サーフィンは太陽が出てる時間であればどのタイミングでもできますが、その中でも1番コンディションが整いやすいのが早朝です。

 

早朝のコンディションが整いやすい理由

  • 風が弱いので波の面が乱されにくい
  • 陸から海に向かって風が吹くので、オフショアになり面が綺麗になる

 

サーフィンは面の上を滑るスポーツなので、そもそも面が崩れてしまうとサーフィンがまともにできません。

カジ
面が崩れたサーフィンは、大雨でグラウンドがぐちゃぐちゃになった状態でサッカーするのと一緒です!

 

『サーフィンを楽しみたい!』という思っているのであれば、早朝の時間を狙うべきでしょう!

 

理由②:サーファーが比較的少ないから

また早朝であれば、サーファーも少ないので、周りを気にせずに思う存分サーフィンを楽しめます!

カジ
これがサーフィン初心者に早朝の時間帯をおすすめする1番の理由!

 

サーフィンには『前乗り禁止』、『ワンマン・ワンウェーブ』などのルールがあり、初心者はなかなか良い波に乗ることができません。

 

ですが、人がまったくいない早朝の時間帯を狙えば、そういったルールに縛られずに自由気ままにサーフィンを楽しめます!

特に日の出直前の、明るくなってきたタイミングが1番人が少なくておすすめです!

 

人が多くなってくると衝突などのトラブルに巻き込まれることも多いので、サーフィン初心者こそ人の少ない早朝の時間帯を狙うようにしましょう。

 

理由③:道が空いていて移動が楽だから

サーフィンをするとなれば、車を1~2時間運転しないといけないという方も多いことでしょう。

 

そんな時も早朝の時間帯であれば、渋滞を避けて海に行けるので、ノンストレスです。

カジ
田舎道であればそんなに渋滞しないですが、サーフポイントに行くまでに大阪の都心などを通るとなれば、7~8時以降はけっこう混んできます!

 

サーフィンは天候や気象などの影響を受けて、波の大きさ・質が変わってきます。つまり、1秒ごとにコンディションは変わっているわけです。

朝の7時ごろは面ツルのいい波だったけど、2時間後の9時ごろには風の影響を受けて面はガタガタなどは結構あります、、、。

 

なので、なるべく空いている時間帯を狙ってサーフポイントに向かい、波のコンディションが上向くタイミングを待つようにしましょう。

 

時間ごとのサーフィンのおすすめレベルとは?

本記事を読んでいる方の中には、『早起きが苦手だからゆっくりがいい!』という方もいるでしょう。

カジ
ちなみに僕も早起きが苦手なので、よく別の時間帯にサーフィンすることがあります!

 

そこで各時間帯のサーフィンおすすめ度を、簡単に説明していきます。

 

時間①:早朝(おすすめ度:★★★★★)

1つ目の『早朝』は、おすすめ度5/5になります。

 

早朝サーフィンの特徴

  • 風が弱く面ツルになりやすい
  • サーファーが少なく、波に乗りやすい

 

言わずもがな、1日を通して1番コンディションが整いやすいのが早朝の時間帯です。『サーフィンをガッツリ楽しみたい!』と思っている方は、この時間を狙うようにしましょう!

カジ
1つ注意点もあり、サーフポイントによってはローカル色が強まり、初心者サーファーが入りにくい雰囲気になっている場所もあります!そのような場所は極力避けるようにしましょう!

 

時間②:午前中(おすすめ度:★★★)

2つ目の『午前中』は、おすすめ度3/5になります。

 

午前中サーフィンの特徴

  • 徐々にサーファーが増えてきて波の取り合いになってくる
  • 風が少しずつ出てきて、面が乱されがちになる
  • ローカルが少なくなってきて、雰囲気は良くなってくる

 

デメリットとしては上記のとおり、『人数が多くなってくること』と『波の質が落ちやすいこと』が挙げられます。

 

一方で、ローカル(地元)の方が徐々に海から上がっていくので、徐々にオープンな雰囲気になってきて、初心者サーファーでも入りやすい雰囲気になってきます。

 

『ピリピリした雰囲気でサーフィンするのは嫌!』という方は、この時間帯を狙うのもおすすめです!

 

時間③:午後(おすすめ度:★★)

3つ目の『午後』は、おすすめ度2/5になります。

 

午後サーフィンの特徴

  • 午前中よりも風が強まり、面がガタガタになってくる
  • 人数もそこそこいるので、波の取り合いになりやすい

 

午後になると陸の気温が上がってくるので、『海→陸』へと吹く風(オンショア』が強くなってきます。

カジ
オンショアが強まると波質が落ちるので、風が強い日だとサーフィンがまともにできなくなることもあります!

 

時間に余裕があるならば、夕方まで待って、波のコンディションが回復するのを待つのが得策でしょう。

 

時間④:夕方(おすすめ度:★★★★)

4つ目の『夕方』は、おすすめ度4/5になります。

 

夕方サーフィンの特徴

  • 風が止んで面がツルツルになりやすい
  • 朝に比べると、サーファーが多い傾向にある

 

夕方になると、朝と同様、風がおさまり徐々に波質が良くなってきます。

陸地の気温が下がってくるので、『海→陸』に吹く風(=オンショア)が弱まり、波質が良くなってくるという仕組み。

 

ただ朝に比べると、サーファーが多い傾向にあります。そのため、なるべく混雑を避けたいのであれば、『夕方より朝』を狙うべきだと言えます。

 

サーフィン初心者がサーフィンを楽しむコツ3選

どれだけ時間帯を選んでサーフィンしても、下記3つのコツを守っていなければサーフィンを心底楽しむことはできません。

 

サーフィン初心者がサーフィンを楽しむコツ3選

  • 浮力のあるサーフボードを選ぶ
  • 混みにくいサーフポイントを選ぶ
  • ローカル色の弱いサーフポイントを選ぶ

 

それぞれ具体的に説明します。

 

コツ①:浮力のあるサーフボードを選ぶ

サーフィン初心者によくあるのが、ペラペラの浮力がないサーフボードを乗っているケースです。

 

サーフボードの浮力が小さいと、パドルが安定しないだけでなく、テイクオフの難易度さえもグッと上がります。

カジ
ぼくも1番最初に乗っていたサーフボードはペラペラのショートボードでしたが、難しすぎてサーフィンを挫折しかけました!笑

 

そのため、サーフィン初心者こそ、浮力のあるサーフボードを選ぶべきだと言えます。

 

浮力のあるサーフボードであれば波に乗れる回数も多くなるので、ペラペラのショートボードでサーフィンするよりも10倍くらい楽しさが違ってきます。

カジ
個人的には浮力が大きくて、かつ怪我をしにくい『ソフトボード』がおすすめです!

 

サーフィン初心者におすすめできるソフトボードは、以下の記事にまとめています。

>>【2023年版】サーフィン初心者におすすめのソフトボード5選

 

【2024年版】初心者におすすめのソフトボード5選!後悔しない選び方とは?

続きを見る

 

ソフトボードは需要が高いので、中古として売るときも定価の7~8割で売れるケースも少なくありません。

ソフトボードは5~6万円ほどの商品が多いので、定価の7~8割で売ることができたらおよそ1〜2万円でソフトボードを購入できたことになります。

 

比較的、高価になりがちなハードボードを買うよりも、まずはソフトボードでお試しで始めるのがおすすめです。

 

コツ②:混みにくいサーフポイントを選ぶ

繰り返しになりますが、サーフィンは『前乗り禁止』や『ワンマン・ワンウェーブ』などのルールがあります。

 

そのため、混んでいるサーフポイントだと『1回も乗れなかった、、、』というケースが多々あります。

カジ
関西だと磯ノ浦、関東だと湘南などはポイントパニックを起こすことも少なくありません!土日などの休日は、少し離れた田舎のサーフポイントを狙うのもおすすめです!

 

無料アプリの『BCM』を使っていれば、メジャーなサーフポイントもわかりますし、その日の波のコンディションも点数で可視化してくれるのでかなり便利です。

 

誰でも無料で使えるので、ぜひダウンロードしてみてくださいね!

 

コツ③:ローカル色の弱いサーフポイントを選ぶ

サーフィン初心者のときに1番避けたいのが、ローカル色の強い海に行くことです。

カジ
地元の人ばかりが入っている海はローカル色が強く、ビジターに対してピリピリした雰囲気を醸し出してきます!

 

そういったサーフポイントに行ってしまうと、サーフィン自体まったく楽しめなくなってしまいます。

 

必ずBCMに載っているオープンなサーフポイントに行き、ローカル色の強い海は避けるようにしましょう。

 

【まとめ】サーフィン初心者は早朝の時間を狙おう!

今回は、サーフィン初心者が狙うべき時間帯、また時間帯ごとの海のコンディションについて詳しく説明してきました。

 

簡単におさらいすると、1番狙い目なのは『早朝』になります。

 

ですが、『サーフィン初心者がサーフィンを楽しむコツ3選』を抑えておかなければ、せっかくの楽しいサーフィンが台無しになってしまうかもしれません。

 

サーフィン初心者がサーフィンを楽しむコツ3選

  • 浮力のあるサーフボードを選ぶ
  • 混みにくいサーフポイントを選ぶ
  • ローカル色の弱いサーフポイントを選ぶ

 

ペラペラのショートボードに乗っているのであれば浮力の大きいボードに乗り換える、サーフポイントは人が少ない&オープンな雰囲気な場所を選ぶようにしましょう!

 

サーフボードを安く購入するコツを知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください!

>>【ぼったくり?】サーフボードの価格が高い理由3つとは|知らないと損します

 

【ぼったくり?】サーフボードの価格が高い理由3つとは!

続きを見る

カジ
サーフボードの原価は安いのにどうしてこれだけ高価になっているのか、などグレーな部分に触れています。ショックを受けたくない方は、見ないようにしてください!

この記事の執筆者

かじ男
初心者に向けてお得なサーフィン情報を届けています。 【経歴】同志社大学→レバレジーズ株式会社→Web系フリーランス。サーフィン系YouTubeチャンネル『はるこやねん』の管理人です。サーフィン系SNSの総合フォロワー数25,000人。

-サーフィン情報