便利アイテム・アプリ

【5分で完成】サーフィン後に使える自作シャワーの作り方3STEP

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

サーフィン後にシャワーを浴びる彼女

はるこ
サーフィンした後って体がべとべとして気持ちわるいんだけど、、、
そんな時はモバイルシャワーの出番やな
カジ
はるこ
モバイルシャワー?けど結構お金かかるやろ?
自作シャワーやったら安く済むしいいで!
カジ

 

このような悩みを解決していきます。

 

この記事で学べること

  • モバイルシャワーの作り方について
  • 温水シャワーにする方法とは
  • モバイルシャワーの既存品と自作品のメリットとデメリット

 

 

サーフィンした後って海水独特のベトベトした感覚ありますよね。僕も小学生の頃それが嫌いで海に入れませんでした。

 

今回はそんな方に朗報です。海から上がった後にすぐにシャワーが浴びれるようにモバイルシャワーの作り方を伝授していきます。

 

本記事を読むことでモバイルシャワーの作り方だけでなく、冬場必須になる温水シャワーの作り方もわかりますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

サーフィン後に使える自作シャワーの作り方について

 

今回はサーファーの方に対して記事を書いていますが、以下に該当する方もポータブルシャワーおすすめです。

・バンライフをしている方

・キャンプを日常的にやっている方

・アウトドアなを日々を送っている方

 

では早速ポータブルシャワーの作り方について説明していきます!

 

ポータブルシャワーを作るのに必要なものとは

まずはポータブルシャワーを作るのに必須のアイテムを挙げていきます。

 

ポータブルシャワーを作るのに必要なモノ

・ポリタンク(20Lがおすすめ)

・バスポンプ

・シャワーヘッド

・耐圧ホース

・インバーター(車にコンセント刺すところがない方は)

 

それぞれ僕が使っているものも載せておきますね。

 

ポリタンク(20L)

 

バスポンプ

 

シャワーヘッド

 

耐圧ホース

 

インバーター

30日間無料交換 インバーター 12V 100V 700W 最大1500W シガーソケット コンセント DCAC パネル ソーラーパネル ソーラー発電 変換器 パワーインバーター 地震 防災用品 カーインバーター 車中泊 アウトドア 充電器 車 キャンプ

 

【3STEPで説明】ポータブルシャワーの作り方

ポータブルシャワーの作り方は以下のSTEPになります。

 

ポータブルシャワー の作り方

①シャワーヘッドと耐圧ホースを繋げる

②耐圧ホースとバスポンプを繋げる

③バスポンプとインバーターを繋げる(車内にコンセントがない方のみ)

 

それぞれ説明していきます。

 

STEP①:シャワーヘッドと耐圧ホースを繋げる

まずはシャワーヘッドと耐圧ホースを繋げ合わせましょう。1分くらいで取り付けできます。

 

繋ぎ目はしっかり締めておきましょう。

 

締めがゆるいと、シャワーを出した時に水圧で外れてしまう可能性があります。

 

STEP②:耐圧ホースとバスポンプを繋げる

次に耐圧ホースとバスポンプを繋げます。30秒かからずに装着できます。

これでポータブルシャワーは完成になります。

 

車にコンセントを差すところがない場合は、インバーターを使わないといけないのでSTEP3も参考にしてみてください。

 

STEP③:バスポンプとインバーターを繋げる(車内にコンセントがない方のみ)

バスポンプとインバーターを繋げる写真がないので、先ほどの写真を引用します。

 

バスポンプのコンセントをインバーターの挿し口に挿しましょう。これで完成です。

ポータブル電源を持っていると、インバーターが必要ないので便利です。

 

価格はそれなりにしますが、サーフィン後のポータブルシャワーを手軽にできたり、携帯・パソコンの充電などもできて使い勝手が良いです。

 

ぼくが使っているポータブル電源はこちらです。

 

レビュー記事も書いておくので、買ってみようか迷っている方はぜひ見てみてください。

PowerArq2を実際に5ヶ月使い倒したレビュー【現役バンライファーが語る】

続きを見る

 

サーフィン後に温水シャワーを浴びる方法とは

 

サーフィン後に温水シャワーを浴びる方法は以下の3つになります。

 

温水シャワーにする方法

①保温ケースを使用する

②沸かし太郎を使う

③温水シャワーをDIYする

 

それぞれ説明していきます。

 

温水シャワーにする方法①:保温ケースを使用する

温水シャワーにする方法の1つ目は『保温ケースを使用する』ということです。

 

自宅からお湯をいれて持ち運ぶのが一般的です。

 

40~50度近くのお湯を入れて5時間くらい後に使っても温かいままです。日帰りサーフィンには最適です。

 

泊まり込みの場合、事前にお湯を入れるところを探しておきましょう

 

値段もリーズナブルなので持っていて損はないアイテムですね。

 

温水シャワーにする方法②:沸かし太郎を使用する

温水シャワーにする方法の2つ目は『沸かし太郎を使用する』ということです。

 

長期間のサーフトリップや丸一日サーフィンをやる時に必須のアイテムになります。

 

沸かし太郎をポリタンクに突っ込んで、40~50分くらい置くと40度近くまで水温が上がります。

 

なのでサーフィンする前に電源をONにしておくと、終わってすぐに温水シャワーを浴びることができます。

カジ
冬場になるとポリタンクの中のお湯が冷めるのも早いので、冬もサーフィンする人は持っておくのオススメします!

 

値段は25,000円近くしますが、冬のサーフィンに屈しないためには仕方ない出費ですね。

 

温水シャワーにする方法③:温水シャワーをDIYする

温水シャワーにする方法の3つ目は『温水シャワーをDIYする』ということです。

 

ぼくは現在、車中泊で日本一周をしているため、どこでもお風呂に入れるように温水シャワーを自作しました。

 

DIY自体も30分ほどで終わり、準備するアイテムも1万円以下で揃ってしまうので結構リーズナブルです。

 

DIY初心者の自分でも簡単にできたので、興味のある人はぜひ以下の記事を参考にしてみてくださいね!

【簡単】温水シャワーを自作する手順5STEPを解説!

続きを見る

 

【まとめ】自作のサーフィンシャワーは簡単に作れる!

今回の記事では自作シャワーの作り方について説明してきました。

 

簡単におさらいします。

・モバイルシャワーは必要なものを揃えれば5分で完成する

・自作シャワーは既製品より頑丈で潰れにくい

・自作シャワーは水圧が強いので洗浄力が高い

 

僕も正直な話、自作シャワーを作るまでは毎回20L入ったポリタンクを持ち上げて体を洗ってました。

 

やったことのある人だとわかると思うのですが、思った以上に重たくて息が上がるんですよね。サーフィン後の疲れているときに、さらに疲れるのは嫌ですよね。

 

必要なモノさえ揃えれば、一瞬でモバイルシャワー完成するのでこの機会に作っちゃいましょう。

 

この記事の執筆者

かじ男
初心者に向けてお得なサーフィン情報を届けています。 【経歴】同志社大学→レバレジーズ株式会社→Web系フリーランス。サーフィン系YouTubeチャンネル『はるこやねん』の管理人です。サーフィン系SNSの総合フォロワー数25,000人。

-便利アイテム・アプリ
-