サーフィン情報

【初心者向け】サーフィンのワックスを塗る・剥がす頻度は?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

お悩み人
サーフボードってどのくらいの頻度でワックスを塗るの?初心者だから全くわからないんだけど、、、

 

このようなお悩みを解決していきます!

 

この記事で学べること

・サーフィンのワックスを塗る頻度について

・サーフィンのワックスを剥がす頻度について

・ワックスの塗り方・剥がし方のやり方

・ワックス不要の『ワックスフリー』のサーフボードとは

 

 

サーフボードの滑り止めの役割を果たすアイテムといえば、『ワックス』ですよね。

 

ただサーフィン初心者の頃って、ワックスの塗り方さえわからなければ、ワックスを塗る頻度やタイミングすらもまったくわかりません。

カジ
ぼくも完全初心者の頃は、ワックスを塗らずにサーフィンをして、ツルツル滑りながらサーフィンしてました!笑

 

そこで今回はサーフィン初心者にむけて、サーフィンのワックスを塗る頻度や剥がす頻度、またワックスの塗り方について説明していきます。

 

この記事さえ読んでおけば、基本的にサーフィンのワックス事情に関しては、ほとんど抑えられることでしょう。

 

記事の後半では、今人気のワックスフリーのサーフボードブランドも紹介しています。ぼくも2本持っていますが、ワックス不要なだけでなく、初心者でもガンガン波に乗れるチートボードです。

 

『すぐにワックスフリーのボードを知りたい!』という方は、『ワックスフリーのサーフボードならBeach Access!』を先に読んでみてください!

 

Beach Accessの5%OFFの限定クーポン発行中

カジ
今なら『harukoyanen』と購入画面に記入していただくことで、ビーチアクセスのソフトボードが最低でも2,440円の割引になります!最も高いボードだと3,390円も安くなります!ぜひ使ってみてくださいね!

>>Beach Accessの公式サイトへ

 

クーポンの利用方法は、以下の記事で詳しく説明しています!

>>【2023年版】ビーチアクセスのクーポンコード(5%OFF)の利用方法

 

サーフィンのワックスを塗る頻度は?

サーフィンのワックスを塗る頻度ですが、基本的に海に入るときは毎回塗ります!

 

というのもワックスを毎回塗っていないと、徐々にグリップ力が下がってきて、テイクオフ時やライディング時にツルッと滑ってしまうからです。

 

面倒くさいと思われるかもしれませんが、サーフィン前のワックス作業は1~2分で終わります!

カジ
トップコートワックスをササっと塗るだけなので一瞬!

 

どちらかと言えば面倒くさいのは、季節が変わる時期の『ワックス塗り替え』になります。

日本は四季なので、基本的に年に4回の頻度で塗り替える計算になります!

 

こちらは『ベースコート』と『トップコート』の2つワックスを塗らないといけないので、1~2時間かかる大作業になります!

関連記事【初心者向け】サーフボードのワックスの塗り方を徹底解説!

 

【初心者向け】サーフボードのワックスの塗り方を徹底解説!

続きを見る

 

サーフィンのワックスを剥がす頻度は?

サーフィンのワックスを剥がす頻度ですが、年に4回ほどになります!

カジ
週末サーファーだとこの頻度です!例えば月1~2回しかサーフィンに行かないのであれば、年2回ほどでOKです!

 

またワックスを剥がす時期ですが、基本的には季節の移り変わりに行うようにしましょう。

週末サーファーであれば春に入るタイミング、夏に入るタイミング、秋に入るタイミング、冬に入るタイミングなど年4回の頻度。月1~2回しか行かないサーファーであれば、暑くなりだす3月頃と寒くなりだす9月頃の年2回ほどの頻度で張り替えておきましょう。

 

なぜならサーフィンのワックスは水温によって、塗るワックスを変える仕様になっているからです。

(引用元:Sticky Bumpsの公式サイトより

 

季節ごとにワックスの柔らかさが異なっていて、季節に合ったワックスを使うことによってグリップ力が劇的に向上します。

 

そのため、サーフィンのワックスは基本年に4回ほど剥がすようにしましょう!

関連記事:【簡単】サーフボードのワックスの剥がし方|初心者でも30分で出来る!

 

【簡単】サーフボードのワックスの剥がし方|初心者でも30分で出来る!

続きを見る

 

サーフィンのワックスの塗り方・剥がし方を画像付きで解説!

これまでサーフィンのワックスを塗る頻度・剥がす頻度について、説明してきました。

 

ただサーフィン初心者の頃は、『ワックスってどうやって塗るの?』など全てがわからない状況だと思います。

カジ
実際ぼくもサーフィンを始めた頃は、ワックスという存在を知らず、何もつけないで海に入ってツルツル滑りながらサーフィンしてました!

 

ということで次は、サーフィンのワックスの塗り方・剥がし方を具体的に説明していきます。

 

サーフィンのワックスの塗り方

まずサーフボードにワックスを塗る手順ですが、下記のとおりになります。

 

サーフボードにワックスを塗る手順3つ

  1. 汚くなったワックスを剥がす
  2. ベースコートワックスを塗る
  3. トップコートワックスを塗る
カジ
すべての工程を終わらせるのに、約1~2時間ほどかかります!

 

詳しいワックスの塗り方は、以下の記事にまとめています。10枚の画像を使って説明しているので、イメージしやすいかと思います。

>>【初心者向け】サーフボードのワックスの塗り方を徹底解説!

 

【初心者向け】サーフボードのワックスの塗り方を徹底解説!

続きを見る

 

ただ上記の工程は、サーフボードのワックスを貼り替える時期の塗り方であり、毎回海に入る前に1~2時間もワックスアップする必要はありません。

 

一度ワックスの下地さえできたら、毎回海に入る前にトップコートワックスを1~2分かけて、軽く塗るだけで済みます。

 

サーフィンのワックスの剥がし方

サーフボードのワックスを剥がす手順ですが、下記のとおりになります。

 

サーフボードのワックス剥がしの手順4つ

  1. ワックスが柔らかくなるように温める
  2. スクレーパーでワックスをほとんど剥がす
  3. リムーバーを全体に馴染ませて30秒放置
  4. キッチンペーパーで綺麗に拭き取る
カジ
4工程ありますが、20~30分ほどで終わります!

 

詳しいワックスの剥がし方は、以下の記事にまとめています。誤った方法でワックスを剥がすとボードが変形してしまうので、必ず参考にしてワックスを剥がしましょう。

>>【簡単】サーフボードのワックスの剥がし方|初心者でも30分で出来る!

 

【簡単】サーフボードのワックスの剥がし方|初心者でも30分で出来る!

続きを見る

 

先ほども説明したとおり、ワックスを剥がすタイミングは年に数回ほどであり、そんな頻繁に行う必要はありません。

 

ワックスが汚くなってきたな』や『グリップ力が落ちてきたな』といったタイミングに、ワックスを貼り替えるようにしましょう。

 

サーフィンのワックスが面倒くさい方は『ワックスフリー』のボードがおすすめ!

ワックスの塗り方など色々と説明してきましたが、正直言ってワックスってかなり面倒くさいです。

 

面倒くさいだけでなく、温度に適したワックスを常に持っておかないといけないし、海に着いたタイミングでワックスがないことに気づいたりなど。

カジ
早く海に入りたいのに、わざわざサーフショップに足を運んでワックスを購入する時間は、本当にもどかしいです!

 

そんな時におすすめなのが、『ワックスフリー』のサーフボードになります。

ワックスフリーとは文字通り、ワックスが必要ないサーフボードのこと。ボード表面に凹凸の特殊加工が施されているため、滑りにくくなっています。

 

いま主流になっているワックスは、主成分がパラフィン(=石油でできている)であるため、環境にも優しくない仕様になっています。

 

ですが、『ワックスフリー』のサーフボードであれば、そもそもワックスが必要ないので、その心配すらありません。

 

では最後に、ワックスフリーのサーフボードをおすすめする理由3つを紹介して終わりたいと思います。

 

ワックスフリーのサーフボードをおすすめする理由3つ

  • 時間が無駄にならない
  • ワックスが溶けることを気にしなくていい
  • 毎回のワックス代を節約できる

 

それぞれ具体的に説明します。

 

理由①:時間が無駄にならない

ワックスフリーがおすすめな理由1つ目は、時間が無駄にならないことです。

 

ワックスを塗る・剥がす工程を考えると、ざっと下記くらいの時間が必要になってきます。

  • サーフィン前のワックス塗り(毎回):約1~2分
  • ワックス剥がし(月数回):約30分
  • ワックスの貼り替え(月数回):約1~2時間

 

またワックスを忘れた時にショップに買いに行く時間なども考えると、結構な時間ロスになってしまいます。

カジ
閉鎖的な雰囲気のサーフショップも多いので、初心者は行きにくいかもです!

 

一方でワックスフリーのサーフボードを使用していれば、ワックスに掛かる時間はゼロです。

 

理由②:ワックスが溶けることを気にしなくていい

ワックスフリーがおすすめな理由2つ目は、ワックスが溶けることを気にしなくていいことです。

 

ワックスは暑さや直射日光に弱く、車内にサーフボードを積んでいると、ワックスが溶けてしまったりします。

カジ
真夏はすぐに溶けてしまって、サーフボードがベトベトになることも度々です!

 

そのため、夏場のサーフィン時は直射日光が当たらない駐車場に車を停めたり、車窓を開けて風が通るようにしたり、また家でボードを保管するときも日光が当たらないところに置いておいたりなど気をつけなければなりません。

 

一方でワックスフリーのサーフボードは、ワックスをそもそも塗らなくていいので、その心配がありません。

 

理由③:毎回のワックス代を節約できる

ワックスフリーがおすすめな理由3つ目は、毎回のワックス代を節約できることです。

 

昨今では物価が上がりすぎて、自動販売機の500mlのペットボトルのジュースを飲むのでさえ、180円必要になっています。

 

実はサーフィンのワックスも例外ではありません。有名なワックスブランドである『SEXWAX』も2022年12月から値上げされています。

  • 値上げ前:396円(税込)
  • 値上げ後:550円(税込)
カジ
なんと154円も値上がりしています!

 

関連記事【2023年版】サーフィン用ワックスの値上げ一覧|2つの対策方法も教えます!

【2023年版】サーフィン用ワックスの値上げ一覧|2つの対策方法も教えます!

続きを見る

 

これだと年4~5個のワックスを買うと仮定しても、『2200〜2750円/年』ほどかかってしまいます。維持費も馬鹿なりません。

 

その点、ワックスフリーのサーフボードはワックスが必要ないので、ワックスの購入費は一切かかりません。

 

こういった理由もあり、これまではワックスを塗るのが当たり前だったのが、今の時代はワックスフリーのボードを乗る人も徐々に増えてきています。

カジ
実際2022年から日本で爆発的に売れている、『Beach Access』のサーフボードもワックス必要なしです!

 

ワックスフリーのサーフボードなら『Beach Access』!

ワックスフリーのサーフボードが気になる!』という方がいれば、ぜひBeach Accessの公式サイトを覗いてみてください!

 

有名サーフィン系YouTuberである、『波乗り夫婦』さんも愛用してビーチアクセスのボードを使っているほど、信頼もしっかりあるブランドです。

 

『5%OFF』で購入できる特別クーポンもあるので、ぜひお気軽に使ってください!

>>【2023年版】ビーチアクセスのクーポンコード(5%OFF)の利用方法

 

【2024年版】ビーチアクセスのクーポンコード(5%OFF)の利用方法

続きを見る

 

この記事の執筆者

かじ男
初心者に向けてお得なサーフィン情報を届けています。 【経歴】同志社大学→レバレジーズ株式会社→Web系フリーランス。サーフィン系YouTubeチャンネル『はるこやねん』の管理人です。サーフィン系SNSの総合フォロワー数25,000人。

-サーフィン情報